SANYO WINE シャルドネ 2018 / 2017ブレンド  750ml

昭和8年ごろに初代社長の山田八十八が創業しました
三養醸造の名前の由来は宋代の有名な詩人

蘇東坡の漢詩 三養訓から


安分以養神
寛胃以養気
省費以養財


「美味しい葡萄酒を飲んで楽しく生きよう」
という意味です。

創業以来ずーっと日本の葡萄だけを使い、日本ワインを作り続けてきた「純国産ワイナリー」です。南東南に傾斜した牧丘町の畑は太陽が良く当たります、山梨市牧丘町にある畑の面積は8反強(およそ8800 )1980年シーズン以降は除草剤等の使用を完全に停止しました。
土壌の充実が美味しいブドウを育み、美味しいワインを作るでしょう。この地域に根差したワイン専用欧州系ぶどう栽
培の契約農家様を募集しています。

以上 三養醸造HPより

山梨で紹介されたワイナリーです。

ここも由緒あるワイナリー。オーナーで醸造家の山田啓二氏にお会いしました。
独特の雰囲気は置いといて、そのワインへのアプローチは面白かったな。と思います。

まずこのシャルドネ。すごく美味しいです。きりっとひきしまった酸に硬質の果実味はキラリとしていて完成度は抜群です。バイタリティあります。
なにしろ2017年と2018年をブレンドして造るという考え方の柔らかさに頭が下がります。


以下は山田氏のコメント。
『2018 / 2017ブレンド。ブレンド比率70:30。
2017シャルドネは白い花やアプリコットの香りに強い酸を持っていました。
1年間熟成後は酸が優しく香味も温和になり、2018シャルドネとブレンドすることでバランスを補いました。綺麗な仕上がりです。牧丘町で育ったシャルドネ100%です。

飲み頃/2019年4月〜2029年頃まで』

このシャルドネはぜひ試してみてください。




販売価格 2,200円(税200円)
購入数


About the owner

西島 俊裕

一つ一つの生産者さんと繋がれるようなショッピングサイトにします。 アグレッシブな日本酒と日本ワインの現場の空気が少しでも伝わって楽しんでいただければと思います。

Top