いろ 甲州 2019 750ml

まるき葡萄酒株式会社は現存する最古のワイナリー。
明治10年にワイン醸造法習得のため、日本人として初めて土屋龍憲(りゅうけん)、高野正誠(まさなり)の二人がフランスに留学しました。帰国後、この二人に加えた宮崎光太郎は国産最初のワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」でワイン造りに力を注ぎます。その後この会社は解散、土屋龍憲が中心になり「まるき葡萄酒株式会社」が設立され現在に至っておられます。

まるき葡萄酒のワインは全体的にひじょうにクリアで繊細なワインが多く、ここも白では甲州種に力を注いでおられます。

いろ甲州は同ワイナリーのスタンダードシリーズ。

甲州種の魅力である白桃や柑橘のアロマがあり繊細な甲州らしい飲み口。
日常的な家庭料理に幅広く寄り添う事が出来る優れものです。
販売価格 1,980円(税180円)
購入数


About the owner

西島 俊裕

一つ一つの生産者さんと繋がれるようなショッピングサイトにします。 アグレッシブな日本酒と日本ワインの現場の空気が少しでも伝わって楽しんでいただければと思います。

Top