グレイス 甲州 鳥居平畑 2018

中央葡萄酒は1923年の創業。
現社長 三澤茂計氏の元、日本ワインの品質向上に多大な功績を残しているワイナリーです。
甲州ワインを世界市場で認めてもらうため数々の試みをし、甲州ワインを国際市場に送り出したパイオニアでもあります。

現在は山梨と北海道にワイナリーを構え、娘の三澤彩奈さんが山梨で、息子の三澤計史さんが北海道の千歳ワイナリーでワインを造っておられます。

ワイナリーはテロワール×甲州の組み合わせを表現したストイックな味わいが表現されています。

勝沼町鳥居平地区は、標高450メートルの南西向き斜面に位置し、ブドウが良く熟すことから、古くより勝沼の銘醸地とされてきました。先代の時代からこの地域のブドウの凝縮度に着目してきました。礫混じりの土壌は水捌けが良く、ブドウの熟度を待ち手収穫することで、ワインに厚みや骨格を与えています。特定畑のブドウのみをステンレスタンク醗酵、貯蔵しました。豊かなフルーツフレーバーと厚みのある果実味がこの産地の味わいを表しています。
販売価格 3,520円(税320円)
購入数


About the owner

西島 俊裕

一つ一つの生産者さんと繋がれるようなショッピングサイトにします。 アグレッシブな日本酒と日本ワインの現場の空気が少しでも伝わって楽しんでいただければと思います。

Top